今思い出しても

e0354857_04135383.jpg



回想

父がイチョウの木を切って

駐車場にして日銭を稼ぐことを

思いついた。




そのイチョウの木には、

鳥が巣を作って卵を温めていた。




鳥が卵を温めているのを解っていて

イチョウの枝をどんどん切り落として

いく父。

動けない母鳥。




道路から母鳥と巣が丸見えになって

しまった。

今思い出しても心が痛む。

父の娘であるということが

こんなに嫌だと思った日はなかった。


[PR]
by soboro0128 | 2017-04-20 04:12