劣等生と優等生とどちらがつらいか


劣等生と優等生、

どちらがつらいか?

もちろん、劣等生です。

小・中学とたまにしか学校へ

行かなかったので全然授業に付いて

行けませんでした。

特に算数や数学の時間は苦痛でした。

全然分からないのにずっと座って

いなくてはいけない苦痛。

先生も生徒も劣等生には冷たいです。

馬鹿にした目。

風邪を引くと、うつすなよ!と

男子に言われて机を離されていました。

中学の成績は学年でビリから数えて

二番目でした。




高校は単位制に落ちて、
定時制に通うつもりが、
全日制の高校の二次募集の試験問題に、
たまたま読んでいた『山月記』が出て
合格。
「これ、さっきまで読んでたよー」って
なりました。



高校一年生の時の担任の英語の先生が
人徳者。
休み時間にドストエフスキーの『罪と罰』を
読んでいたら先生に話し掛けられました。
ドストエフスキーが大好きな先生で
『カラマーゾフの兄弟』を貸して下さいました。
今までの人生の中で先生に話し掛けられた
ことなど一度もなかったから
嬉しくて、勉強を頑張るようになりました。

そして、高校の先生達が大好きになる。



成績がグングン伸びて
気づけば一位に。
優等生に変身した。



優等生になると、授業が楽ちん。
内容が分かるからノートを取っていれば
授業が終わる。
時計と、にらめっこしなくなる。



風邪を引くと、大丈夫?お熱あるね?と
男子に心配してもらえるようになる。



推薦入学で大学へ。


今考えると、私の人生を変えて下さったのは
高校一年生の時の担任の新井先生です。

ずっと年賀状を送り続けていましたが、
ある年から宛先不明で返送されてくるように。

先生、ありがとう。
お元気でいてください。



by soboro0128 | 2017-05-14 06:16

飼い主さんはオシャレをしたり人生を悩んだりで少々多忙、アタシはサヤを食べたり飼い主さんの悩みを聞いたりで超多忙


by そぼろちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30