2017年 06月 02日 ( 1 )

散髪と妙薬

e0354857_06382827.jpg



おはようです。

今日も気持ちの良い朝ですね。

アタシ散髪に行って来たですよ。

飼い主さんが、朝からどんよりして

寂しがっているです。

飼い主さん、寂しくありませんですよ。





世界で一人ぽっちの気分だ。





e0354857_06382920.jpg




飼い主さん、アタシのシッポを

見てください。

シッポはアタシを振れないから

アタシがシッポを振るですよ。





精神的な交流のできる

お友達が欲しい…





飼い主さん、だったら

先ず隗より始めよ
(まずかいよりはじめよ)ですよ。

自分の身近に寂しがっている人が

居ないか?

居たら声を掛けてあげたり、

手紙を書いたり、

相談相手になってあげたり、

お年寄りなら優しく手を握ってあげたり、

子供なら優しく抱き締めてあげたり、

動物なら優しく頭を撫でてあげたりして、

自分の身近の寂しい人に

手を差し伸べてあげるですよ。

些細なことでも自分でできる

やり方で、自分の周りの寂しい

思いを和らげる努力をしてみる

ことだとアタシは思います。



***



先ず隗より始めよ

【読み】
まずかいよりはじめよ
【意味】
遠大な事業や計画を始めるときには、
まずは手近なところから着手するのが
いいというたとえ。
また、物事は言い出した者から始めよ
というたとえ。
『故事ことわざ辞典』より



[PR]
by soboro0128 | 2017-06-02 06:35 | そぼろ先生に聞いてみよう