カテゴリ:文例( 1 )

反論文書の書き方


理不尽な出来事が起きたけれど、
反論文書の書き方が解らない方へ


反論文書はこんな風に書くと良いですよ。
相手に伝わり易いです。


この文書に対するご回答はありませんでしたが、
社内で再考してくださる余地は十分あったはずで、
無駄じゃなかったと信じています。


私が引きこもっていた時、アメブロがあったから救われました。
アメーバさんは命の恩人です。
感謝しているので戦うことはしません。


ただし、同じ歴史は二度と繰り返して欲しくないので、
もし組織的に通報されて退会させられるようなことがあれば、
この文書を参考にして正々堂々と反論してみてくださいね。


あらゆる理不尽な出来事に応用できると思いますので
アレンジして使ってみてくださいね。
(使う機会のないことを祈っていますが・・・)


コツは事実を淡々と箇条書きにして述べることです。
一番最後に強い語気を含めた文章を持ってきます。


この文書はアタシが考えたもので
Amebaさんとのやりとりを転載したものでは
ありませんです。
e0354857_21471290.jpg





カスタマーサービス
ご担当者様


メールを頂きありがとうございます。
「利用規約13条2項にございます通り、禁止事項に抵触すると判断できた場合は措置ができるものとなっており・・・」
とのご回答でございますが、
私が先日ブログに貼りつけた「個人情報開示申請書」がその理由にあたると推測しております。


しかし、開示申請書を貼りつけた背景を考慮した場合、
今回の強制的な退会を到底受け入れることはできません。


その理由は以下に示す通りです。

1)アメーバブログを利用していた多くの友人がこの数か月の間に相次いでブログを止めました。
その理由は2ちゃんねるの掲示板に心無い誹謗中傷が書き込まれた為です 。


2)私のブログに関しても繰り返し誹謗中傷記事が掲載されています。
私は、そんな掲示板に一切アクセスしないようにしておりましたが、
この一カ月の間に何度も2ちゃんねるの掲示板の誹謗中傷記事をコピーして
貼りけたメールが私宛てに送られてきました。


3)送信して来た人は、その度にアドレスを取得して、
送信と同時にそのアドレスを破棄することを繰り返しています。
抗議しようとして返信しても返信不能で帰ってきます。


4)そんな悪質なやり方に抗議する意味から、
「個人情報開示申請書」にその捨てアドレスを貼りつけて掲載しました。
そのアドレスは一回限りの捨てアドレスです。
善意の通報者ではないですし、公表したからといってメールを送りつけた人の
権利をなんら侵害するものではありません。


今回のように、本来被害者である私の権利が無視されたことについて
強い憤りを感じています。
このような背景があるにも関わらず、
このような理不尽なやり方をする人たちを擁護する立場を
貴社は取ろうとするのでしょうか。


どうか慎重なる再考をお願い致します。


そぼろ&そぼろの飼い主より

[PR]
by soboro0128 | 2015-09-28 21:12 | 文例