買われた名誉


お金で友人を買えない理由


友情や友情を支える社会的慣行は



一定の規範


態度


美徳



から構成されている。

こうした慣行を商品化すれば、

こうした規範


ー共感、寛容、気遣い、思いやりなどー


を追い出し、市場価値で置き換える

ことになる。

『それをお金で買いますか
市場主義の限界』
マイケル・サンデル
第3章 いかにして市場は道徳を締め出すか

e0354857_20593421.jpg


[PR]
by soboro0128 | 2017-02-25 20:54 | マイケル・サンデル教授

哲学とは



哲学とは

哲学は私たちを慣れ親しんだものから
引き離す。

新しい情報をもたらすことによってではなく、
新しいものの見方を喚起することによって
引き離すのだ。

しかし、ここにもリスクがある。
慣れ親しんだものが見慣れないものに
変わってしまえば、それは二度と
同じものにはなりえない。

自己認識とは
純真さを失うようなものだ。

不安を感じるだろうが、
私たちは皆、そんな思いを経験し、
探求を続けてきた。


マイケル・サンデル教授

Lecture01
「殺人に正義はあるか(想像編)」


[PR]
by soboro0128 | 2017-02-11 13:43 | マイケル・サンデル教授

マイケル・サンデル教授

e0354857_02251501.jpg


マイケル・サンデル教授

『それをお金で買いますか』

アタシと飼い主さんが最も尊敬する

マイケル・サンデル教授の

書籍の中でも特に好きな一冊です。

私の考え方の原点、土台です。

売り手と買い手が合意すれば

例え臓器であろうとも売買を容認する

今の市場倫理。

全てのものを「商品」に変える

「市場主義」の蔓延で大切な

「何か」が失われて行くのではないか?

マイケル・サンデル教授がその市場主義に

鋭く迫って行きます。


[PR]
by soboro0128 | 2015-11-17 02:08 | マイケル・サンデル教授