e0354857_07231864.png

魂を揺さぶるプレゼンテーションTED

ジヘ・パク: バイオリン―魂の暗闇を越えて

世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、
ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。
音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、一流のコンサートホールで
演奏することだけが目標ではなく、できるだけ多くの人に
バイオリンの素晴らしさを伝えることが目標になりうることを
示してくれました。 





by soboro0128 | 2017-05-27 05:58 | TED

世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、
ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。
音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、
一流のコンサートホールで演奏することだけが目標ではなく、
できるだけ多くの人にバイオリンの素晴らしさを伝えることが
目標になりうることを示してくれました。


by soboro0128 | 2017-03-04 03:18 | TED

TED 裸足の大学②

e0354857_19172015.jpg
この場所に何を植えればいいでしょう?と尋ねると


e0354857_19172147.jpg
土壌を一瞥して言いました


e0354857_19172140.jpg
無理だ。そんなことする価値もない

e0354857_19172275.jpg
水は無いし、土は岩だらけだ

e0354857_19172356.jpg
私は困って言いました

e0354857_19172496.jpg
わかった。
村の長老のところに行って


e0354857_19172411.jpg
ここに何を植えればいいか聞いてみるよ


e0354857_19172545.jpg
長老は静かに私を見て言いました

e0354857_19172509.jpg
これとそれとあれを合わせればよい


e0354857_19172677.jpg
今は本当にそのように
なっています






by soboro0128 | 2016-10-05 19:16 | TED

TED 裸足の大学①

e0354857_19154101.jpg
私は森林管理官に聞きました

e0354857_19154173.jpg
権力を持ち
資格の証明書を持つ専門家です

e0354857_19154207.jpg

「この場所に何を植えればいいでしょう?」
と尋ねると
e0354857_19154332.jpg

土壌を一瞥して言いました
e0354857_19154321.jpg
「無理だ」そんなことする価値もない


e0354857_19154421.jpg
水はないし、土は岩だらけだ

e0354857_19154480.jpg
私は困って言いました。

e0354857_19154558.jpg
わかった。村の長老のところに行って

e0354857_19154623.jpg

ここに何を植えればいいか聞いてみるよ
e0354857_19154612.jpg
長老は静かに私を見て言いました。





by soboro0128 | 2016-10-05 19:13 | TED

今からお読みいただく記事は

昨年10月8日に載せた記事です。

とっても良いので再度掲載します。



e0354857_19131376.jpg


***




魂が揺さぶられるプレゼンテーション

今日のTEDはすごい説得力!!見なきゃ損!!

魂が揺さぶられるプレゼンテーションTED



「一日1ドル以下で暮らす貧しい人々との
45年に及ぶ愛の物語をお話します」


「インドで一番学費の高い学校へ行ったのに
なんにでもなることができましたが
興味がなかった」


「3年間、村に住んで働きたいんだ」


「母は暫く口を聞いてくれなくなりました」


「私は貧しい人々が持つ卓越した
知識や能力を身をもって知りました」

それらは決して陽の目をみることもなく尊敬されることもない
だから裸足の大学を作ったのです。



プロフェッショナルとは

能力と自信、そして信念を兼ね備えた人です。

水脈を探す占い師はプロフェッショナルです。

昔ながらの産婆もプロフェッショナルです。

接骨医もプロフェッショナルです。

プロフェッショナルは世界中にいます。


どんな辺鄙(へんぴ)な村にも
いるのです。



裸足の大学の土地に

権力を持ち資格の証明を持つ専門家に

「この場所に何を植えればいいでしょう?」と尋ねると

土壌を一瞥していいました。

「無理だ、そんなことする価値もない」

水はないし土は岩だらけじゃないか


私は困って、村の長老に何を植えればいいか聞きました。

「これとあれとあれを合わせればいい」

実際にそのようになっています・・・。



***感想***

その地域の問題を解決するプロフェッショナルは
外ではなく、身近にいるものです。

世界銀行では教えられない知識・・・

多分、世界銀行では活用の仕方がわからないのだと思います。

世界銀行では最初から、
なんにもないところから
考えるということが
できない。

村の長老にはできるんです。


私たちの、ふと、周りを見渡したら

プロフェッショナルが沢山いると思いませんか?

八百屋さんにもプロフェッショナルがいるし

農村にもプロフェッショナルがいます。

漁師さんもプロフェッショナルがいるし

ローブデコルテさんのようなプロフェッショナルもいる。

そぼろのような犬のプロフェッショナルだっています。

先入観を持たないで、

偏見を持たないで、

目を大きく見開いてみると

私たちのすぐ近くには沢山のプロフェッショナルがいます。


by soboro0128 | 2016-10-05 18:59 | TED

e0354857_18322805.jpg


生姜焼きに使う豚ロース肉がどれか分からなかったので

お肉屋さんで聞きました。

「生姜焼きに最適なお肉を300gください」

「生姜焼き?それならこれがおすすめです」

e0354857_18323018.jpg


ジャーン!058.gif

お肉屋さんのお肉の美しいこと!

餅は餅屋、お肉はお肉屋さん。


私が過去見てきたTEDの中に

裸足の大学というタイトルがありました。

何も育たない荒れ果てた土地に植える

作物はあるか?

専門家に聞いても、この土地には

何も植えられませんと答えます。

村の長老に聞いたら、

それならこれとこれを

植えれば良いよ。

その通りに植えたらその通りに育っています!

生活の知恵は学問で得た知恵より

ずっと素晴らしく

天才はいたるところに、

探せば身近に幾らでもいるのです。


例えば、クックパッドなんかもそうです。

プロが教えるレシピより一般の方の

レシピの方がずっと効率的で

ずっと美味しい!

これぞ生活の知恵の結晶です058.gif






by soboro0128 | 2016-10-05 18:21 | 自炊はじめました


彼のすごいところは17年間喋らなかったこと

ひたすら地球を歩いてきたことです。

このプレゼンテーションは非常に難しいです。

3つくらいの話になっています。

まとめると・・・

一つ目

人は相手の言葉を少し聞いただけで相手の言いたいことを
わかったつもりで、もう相手の話なんて聞かないで
次に相手が何を言うかを考えて、自分が返す言葉を考えています。

結局、相手の話なんて聞いてないんです。

今の政治や国際社会の問題、あるいは宗教の問題にしても
ほとんどが同じで相手の話を聞いていません。
すべての混乱はここから始まっているのだと私は思います。

なぜ相手の話を聞かないか?

それは聞いていないことに気づいていないからです。

本当は聞いていないのに自分が相手の話を
聞いていないことを意識しません。


ジョン・フランシスは一日だけ黙って
人の話を聞いてみようとしました。

それがまた一日、、、一日、、、もう一日、、、

一年、、、、17年!!!


二つ目

ジョン・フランシスは喋らないこと自体が心地良くなっていました。
それがライフル銃を突きつけられて初めて
身の危険を感じたのもあって喋り出しました。

ライフル銃を突きつけられていなかったら
喋らないことを止められませんでした。

人は居心地の良いところから一歩踏み出ないと
環境が変わらないと言うことだと思います。


三つめ

たった、喋らない

ただ、歩き続ける

これだけで自分が周りにこんなに大きな変化を与えることが
できるということ。


最後、5秒の沈黙で話が終わるところが
非常に感動しました。



なぜ感動したか?



多分、歩き続けた手だったから。





by soboro0128 | 2015-11-19 21:44 | TED

魂が揺さぶられるプレゼンテーションTED(テッド)

今日のTEDは目から鱗が落ちそうです。

ジョアンナ・ブレイクリー

タイトルはつまらなそう?

イイエ


お洋服好きな方は見る価値ありです。



「ミウッチャ・プラダが
パリの古着屋に行き
バレンシアガのジャケットを
見つけました」


「プラダはそれがとても気に入り・・・」

「裏返して縫い目を調べたり作りを調べたりしました。」

「そんなに気に入ったなら買えば?」

プラダ「買うけど、レプリカも作るわ」


これは盗作ではなく

プラダの才能

実は法には触れないのです。


ファッション業界では知的財産権は殆ど存在しません。


商標保護はありますが著作権保護はなく

特許保護もありません。

つまり、どれでもいいのでコピーして自分のデザインとして売っても

かまわないのです。

唯一、コピーできないものは

その衣料品に付いている商標ラベルだけ。



では高級ブランドはどうやって成り立っているのか?

200ドルで買えるものに1000ドル払うのか?


グッチの主要デザイナーとして、仕事を成功させた

トム・フォード曰く
「多くの調査の結果、いや、
単純な調査の結果・・・
我々の顧客層は模倣品を買う顧客層とは
違うと解りました」

サンティー・アリーにいる人々は

グッチで買い物をしないというのです。(笑)

全く違う客層なので、全く同じであるということはなく

真似されても素材はいつも安価なものです。

安ものであっても消えそうな
トレンドを延命させる力を持っています。

模倣にも多くの長所があるのです。

ファストファッションにより
世界のトレンドは以前よりも急速に
確立されるようになりました。

これはトレンドを仕掛ける人には
嬉しいことです。

他にも著作権保護がない業界

食品・レシピ
家具・手品・髪型・ジョーク
自動車・花火・タトゥー・データベース

香水の香り



***感想***

知らなかった・・・

棒グラフの著作権保護が少ない産業の売上げが高いのに対し

映画や書籍など著作権保護のある産業の売上げが

低いのは衝撃的。



このTEDを見てから最新作のZARAを見ると

なるほどーと唸ってしまう。

グッチっぽいものね。

刺繍入りワンピース

刺繍入りワンピース


ウールオーバーコート

プリント地シャツ


これ、ヴィトンのワンピっぽい・・・
衿の大きさとか後ろのファスナーの長さとか
これもZARAです。

画像 5 の コントラスト襟付きワンピース ザラから

画像 1 の コントラスト襟付きワンピース ザラから


by soboro0128 | 2015-10-25 23:01 | TED

魂が揺さぶられるプレゼンテーション TED テッド

今日のTEDのプレゼンテーターは40代の美人作家

彼女はとってもキュートでユーモアたっぷりに・・・

いわゆる・・・

一発屋の苦悩を語ってくれます。

なによりも彼女の眉間のシワがとても美しく見えるから不思議です。


見ないと損!

エリザベス・ギルバート「創造性をはぐくむには」


彼女は『食べ祈り愛する』という本を出版します。

それがどういうわけか大当たり

世界的ベストセラーに。



その結果、今ではどこへ行っても

「運の尽きた人」扱い

自分でもあれ以上のものを書ける自信はない。

「もう本当に終わりなんです。」

「あれを超えられなかったら?」

「今後代表作を超える見込みは低いんです」

「こんな風に考えて人は朝9時からジンを飲むようになるんです。」



作家には不安がつきものです。

イイエ、全クリエイティブ業界で精神不安定

無残な死者の数を見ても明らかです。

20世紀だけで偉大な創作者たちが

どれだけ早世し自殺しているか・・・

実際の自殺ではなく自分の才能に殺されているのです。


古代ギリシャローマでは、精霊がいると信じられていました。

ソクラテスには精霊が付いている

ハリーポッターの妖精ドビーのような、叡智を授けて

創作活動を手助けしてくれる存在が居ると・・・。

古代のアーティストは守られていたのです。

過剰な自惚れから・・・


自分一人の才能だけでなく霊が助けてくれたと信じていたからです。


失敗しても自分のせいじゃない


***感想***

自分に天賦(てんぷ)の才能があると思うと

常にその才能を発揮しないといけないというプレッシャーになって、

結局、その考えが自分を潰していきます。

ところが、それが気まぐれに訪ねてくる

精霊のせいだと思えば

そのプレッシャーから一気に解放されます。

しかし、その精霊は気まぐれで

いつ訪れるかは、わからないから

常に自分の感性を研ぎ澄ませて待っていれば

いつかは訪ねてきた精霊の気配を感じ取ることができるようになる。

気配を感じ取るということは作品にできるということです。

by soboro0128 | 2015-10-13 23:24 | TED

魂が揺さぶられるプレゼンテーション

TEDテッド

今日のテッドは・・・・


とびっきり美人です。

見なきゃ損!


「子供博物館で6~8才の子供300人と話す機会があって
ここにある義足をカバンいっぱいに持って行き机の上に並べたの」

「先生がはしゃぐ子供たちに言ったわ」

「間違ってもエミーさんの足を
じろじろ見ないこと!」

講演会に行くとこう言われるの。
「エミー、すごく魅力的だよ」
「とても障害者に見えない」




「私の義足は12種類」

「身長だって変えられる」

「私の身長は5種類」

今日は185cm


パーティーに行った日のこと

「普段173cmの私を知る長年の友人が
私を見てびっくり」


「すごい背が高いじゃない!?」


「ねえ、面白いでしょ?竹馬に竹馬で乗る感覚よ」

友人が言うの

「でも、エミーそんなのずるいわ」

嘘みたいだけど友人は本気だった。

「自由に身長を変えられるなんて
ずるいでしょ?」

その瞬間・・・

社会の反応がこの10年間で大きく変わったと実感した。

「もはやハンディは克服するものではなく

プラスに増幅していくもの」


***感想***

先生は子供たちに「この人は障害を持っているのだから
失礼にならないようにじろじろ見ないように」と言った。

「エミー、とても綺麗、障害を持っているように見えない」

気を遣っているつもりが
結局、その言葉は子供たちに「あの人は障害をもった可哀想な人なんだ」
見るように仕向けてしまう。

でももし、足が片方ない方が歩いていらっしゃったとして
子供が「あの人の足がないよ」と言ったら
「シッ!」と言ってしまいそうな自分が居る。

けれど、

私たちがとてつもなくハンディだと思っていることを
前向きに捉えることができて

「自由に身長を変えられる」

「義足は芸術品」

「エミー、そんなにずるいわ」

と思えた瞬間、

彼女はとても大きくなったんだと思います。

身長以上に大きな壁を突き破った瞬間です。

今日のTED素晴らしい!!!

by soboro0128 | 2015-10-09 21:42 | TED